審査に落ちクレジットカードが発行できない…。
そのようなときに、使われているのがプリペイドカードです。
プリペイドカードは、インターネットやコンビニなどで気軽に購入することができます。
審査はありません。
クレジットカードのように複雑な審査を受けることはなく、すぐに利用開始することが可能です。

プリペイドカードは、あらかじめチャージされている金額内での利用が可能です。
チャージの上限はプリペイドカードにより異なります。
チャージをする点では、WAONやnanacoといった電子マネーのような感じと言って良いでしょう。
ただワンタイムのプリペイドカードで、1度しか使えないものもあります。

プリペイドカードが電子マネーと異なるのは、クレジットカード加盟店で使えるということです。
国際ブランドが付帯しているので、海外での利用も可能です。
またインターネット決済に利用することも可能です。
インターネット上でクレジットカード情報が漏えいするのが心配…ということで、ワンタイムのプリペイドカードで決済をするケースも増えているようです。

クレジットカード審査に落ちる人は、これまで審査なしのデビットカードを持つことが多かったです。
しかしこれからは、審査なしのプリペイドカードの利用者も増えそうです。