クレジットカードに審査に、借入状況が影響することがあります。
消費者金融などに借金がある場合は、少しでも借入金額や借入件数を減らしてからクレジットカードに申込みをしましょう。

クレジットカードは、借金の一種です。
会員がクレジットカードで支払った分を、クレジットカード会社が加盟店にいったん支払いをします。
そして後日会員に、その分を支払ってもらう形です。
すでに借金がある状態では、クレジットカードを使っても支払に回せるお金が少ないと思われます。
返済能力が低いとなってしまい、審査に落ちやすくなってしまうのです。
クレジットカードの審査を受けるなら、借入ゼロが望ましいです。

また消費者金融と契約しているけれど今は借りていないという場合でも、クレジットカード審査に落ちることがあります。
借りていなくても利用限度額を持っているわけですから、今後利用する可能性はあります。
借りてしまったときに、クレジットカードの支払に影響が出ると判断されてしまうのです。
過去に契約をして今後も利用する予定はない場合は、消費者金融との契約は解除しておくと良いでしょう。
それからクレジットカードに申込みをすれば、審査に通過できる可能性が高くなります。