クレジットカードの審査で、必ず見られるのがクレジットカードヒストリーです。
クレジットカードヒストリーに問題があると、審査落ちにつながってしまいます。

クレジットカードヒストリーにブラック情報があると、審査に落ちてしまいます。
返済遅延、滞納、債務整理、自己破産、多重申込などの記録があると、クレジットカードの使い方に問題がある人となります。
クレジットカード会社としては、また同じような問題を起こされると困るとなります。
その結果クレジットカードの審査に落ちてしまうのです。

そしてクレジットカードヒストリーが、全くない人も審査に落ちやすくなります。
10代、20代ならまだ良いのですが、30代以上でクレジットカードヒストリーがない人は注意しなければなりません。
今どきクレジットカードを使っていないなんてあり得ない、問題を起こしクレジットカードヒストリーをリセットしたのではないか?と思われ、クレジットカード審査に落とされることが多いのです。
クレジットカードヒストリーがない人は、クレジットカードヒストリーを作らなければなりません。
審査の甘いクレジットカードを発行し、使う→返済→使う→返済…をくり返して、クレジットカードヒストリーを構築しましょう。