クレジットカードの審査に落ち続けるときに、おすすめなのがデビットカードです。
デビットカードはクレジットカードの審査に落ちた人でも、審査通過しやすくなっています。

デビットカードの特徴は、利用分はリアルタイムで口座から支払いが行われることです。
銀行口座がお財布の代わりになっているということです。
クレジットカードのように後日支払いをする必要がなく、返済するお金が足りない!と困ることはありません。
支払いをしなくて良いため、審査なしでの発行が可能なのです。

デビットカードはクレジットカードのように使うことができます。
インターネット決済もできますし、海外での利用もできます。
クレジットカードがなくて不便だけど、審査落ちするので発行できない…という方には、デビットカードはおすすめです。

デビットカードは基本的に審査はありません。
決済用の口座があり年齢を満たしていれば、ほぼ発行されると思われます。
ただ発行元である銀行が、独自に審査は行っているようです。
銀行とのトラブルがあったり、口座残高が常にマイナスといったようなときは、審査に落ちてしまうこともあります。
100%審査落ちしないわけではないので、油断はしないようにしましょう。