クレジットカードの審査にほぼ落ちてしまうのが、ブラックの人です。
ブラックとは、個人信用情報機関に金融事故履歴がある状態をさします。
延滞、滞納、債務整理、自己破産、多重申込などを起こすと、ブラックとなってしまいます。
ブラックの間はクレジットカードに申込みをしても、審査通過はできないと考えてください。

自分がブラックなのかわからない…というときは、自分がどんな状況であるのかを確認すると良いでしょう。
個人信用情報機関に問い合わせをすると、自分の情報を開示できます。
手数料が1,000円ほど必要になりますが、自分がブラックなのかをはっきりさせるためには多少の出費は仕方ありません。

個人信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、CIC、JICCがあります。
クレジットカード会社が多く加盟しているのは、CICとなります。
クレジットカードの審査対策としてはCICにまず問い合わせをするのがおすすめですが、念のためにJICCと全国銀行個人信用情報センターの情報も確認しておくのが良いでしょう。
個人信用情報機関は相互に情報の共有をしており、CICにしか問い合わせをしなくてもJICCや全国銀行個人信用情報センターの情報を知ることができるためです。